本文へ移動

ページの先頭です。

HOME > 水道

水道

担当 : 町民環境課 / 掲載日 : 2020/07/03

水道

◆ コンビニ納付が始まります


◆ 給水契約の定型約款について

改正民法(施行日:令和2年4月1日)において定型約款に関する規定が新設され、給水契約はこの適用を受けます。

 

定型約款とは、「定型取引において契約の内容とすることを目的としてその特定の者により準備された条項の総体」とされており、中土佐町においては給水の供給条件等を定めた「中土佐町水道給水条例」がこの定型約款にあたるものになります。

 

給水契約の定型約款(中土佐町水道給水条例)は、下記のとおりとなりますのでご確認ください。

 


1.水道の開栓、休止、使用者名義の変更について

水道を休止していて、使用を始める時は、開栓届けが必要です。

※開栓届を提出しないまま使用していることが後日判明したときは、過料を徴収することになります。
※引っ越しする次の家の水道の開栓届けをしてください。

水道を使用していて、使用しなくなったときは、休止届けをして下さい。

※休止届が提出されなければ、使用してなくても水道使用料金が発生いたします。
※引っ越しする前に水道の休止届けをしてください。

水道使用者が代わるときは、名義の変更届けをして下さい。

※世帯主が代わったとき、水道使用者が死亡したときは、名義変更の届けをしてください。


2.水道使用料金について

中土佐町は、口径別料金 (使用水量10tまで基本料金)

口径 基本料金(10トンまで) 超過料金
13ミリメートル 500円 超過水量1トン につき120円
20ミリメートル 680円
25ミリメートル 690円
30ミリメートル 770円
40ミリメートル 990円
50ミリメートル 1,270円

(例)口径20ミリメートルの水道で15トン使用したとき
 超過水量
        使用水量(15トン) − 基本水量(10トン) = 超過水量(5トン)
 税抜料金
        口径20ミリメートル基本料金( 680円 ) + 超過料金(5トン×120円=600円 ) = 合計料金(1,280円)
 消費税等【令和元年11月請求分から10%です】
        1,280円 ×  10% = 128円(消費税等)  ※1円未満切捨て 
 水道使用料金
        1,280円 +  128円 = 1,408円  となります。


3.水道工事について

水道指定店での工事

  1. 給水工事(水道本管より給水する工事)
  2. 設備工事(新築工事、増築、改造、での水まわり工事)

簡易な水道工事(水道使用者が工事できる工事)

  1. 給水栓(蛇口)の取り替え工事
  2. パッキン(蛇口のパッキン)の取り替え工事

給水装置工事申請書

 給水装置工事を行う場合、水道指定店より下記の申請書の提出が必要です。
 記載例に従って、遅滞なく水道担当課まで提出してください。(工事着手前の申請書類です)





4.漏水による水道料金の減免について

宅地内で発生した漏水を中土佐町指定給水工事事業者により修理した場合、漏水のあった月の使用量が、漏水のなかった月の使用量の1.5倍以上のときは水道料金の減免申請をすることができます。減免申請をするには水道料金減免申請書を作成し、使用者から申請をしてください。
※減免は、算定漏水量の60%で最大で2ヶ月分が対象となります。






5.水道料金の口座自動振替について

口座自動振替の指定金融機関

  1. 高知信用金庫
  2. 四国銀行
  3. ゆうちょ銀行
  4. 土佐くろしお農協
  5. 高知県農協
  6. 四国労働金庫

※上記金融機関の窓口にて、「通帳」と「通帳に使用している印鑑」を持参のうえ、手続きをしてください。

6.中土佐町地域水道ビジョン「中土佐町簡易水道事業経営計画」

水道係では、現在の課題となっている老朽施設の更新・南海地震への対策・運営面からの課題など、 様々な問題に対する指針とするため中土佐町簡易水道事業経営計画を策定しました。



7.令和2年度水質検査計画


添付資料





8.給水装置工事事業者の指定申請について

給水装置工事事業者の指定の申請には、下記申請書と給水装置工事主任技術者免状の写し、法人にあっては定款又は寄附行為及び登録簿の謄本、個人にあってはその住民票の写し又は外国人登録証明書の写しが必要です。

【様式ダウンロード】



9.指定給水装置工事事業者指定申請事項変更届について

中土佐町水道指定給水装置工事事業者規定第7条の(変更等の届出)をする場合は、次の様式により届出をしてください。

【様式ダウンロード】


10.地方公営企業の抜本的な改革等の取組状況の公表について

地方公営企業の抜本的な改革等の取組状況につきまして、調査結果を公表いたします。(H29.3.31現在)


11.簡易水道事業の決算概要の公表について

平成30年度 中土佐町簡易水道事業決算概要

 

中土佐町簡易水道事業の決算概要は、下記のとおりです。
簡易水道事業会計は、地方公営企業法の財務規定を適用しておりますので、収益的収支と資本的収支に分かれています。

 
 
 

(1)収益的収支 (主に簡易水道施設の維持管理・給水のための経費と財源)

 
     

単位:円(税抜)

   
 

 収益的収入

   
 

 

 給水収益等

78,711,098

   
 

 他会計補助金

37,013,000

   
 

 長期前受金戻入

20,079,529

   
 

 その他

302,198

   
 

 計

136,105,825

   
 

 収益的支出

   
 

 

 水道施設の維持管理費等

56,122,450

   
 

 減価償却費

63,883,752

   
 

 企業債利息等

11,296,663

   
 

 その他

40,480

   
 

 計

131,343,345

   
 

 差引収支

4,762,480

   
 

 

       

(2)資本的収支 (主に簡易水道施設の整備・更新工事等のための経費と財源)

 
     

単位:円(税込)

   
 

 資本的収入

   
 

 

 工事負担金

7,736,040

   
 

 計

7,736,040

   
 

 資本的支出

   
 

 

 建設改良工事費等

7,736,040

   
 

 企業債償還金

47,069,161

   
 

 計

54,805,201

   
 

 差引収支

47,069,161

   

 

※資本的収入額が資本的支出額に不足する額は、引継金、減債積立金及び過年度分損益勘定留保資金で補填しました。

12.地方公営企業の経営比較分析表の公表について

中土佐町簡易水道事業の経営比較分析表を公表いたします。


13.指定給水装置工事事業者制度における指定更新制の導入について

2019年(令和元年)10月1日より、水道法の一部改正に伴う指定給水装置工事事業者制度の更新制が導入されました。

この改正法により無期限とされていた指定は、5年毎の更新手続きが必要となりました。旧制度で指定を受けている工事事業者の皆様は、指定を受けた日によって、初回の更新までの有効期限が異なります。

更新を行わない場合は、その効力を失うこととなりますので、期間内に更新の手続きを行っていただきますようお願いいたします。





Adobe Reader

PDFファイルを開くにはAdobe Readerが必要です。

Adobe Readerは、無料で以下のリンクからダウンロードできます。

「Adobe Reader」のダウンロードはこちらです。


このページに関するお問い合わせ

町民環境課


〒789-1301 高知県高岡郡中土佐町久礼6602-2
電話:0889-52-2213 Fax:0889-52-2013

このページのトップに