本文へ移動

ページの先頭です。

HOME > 不妊治療費助成事業

不妊治療費助成事業

担当 : 健康福祉課 / 掲載日 : 2017/04/01

不妊治療費助成事業

不妊治療助成事業の主旨

不妊に悩むご夫婦の経済的負担を軽減し、町の少子化対策の充実を図るため、医療保険が適用されず高額の医療費がかかる不妊治療に要する費用の一部を助成する制度です。

助成対象者

次の(1)〜(3)(特定不妊治療の助成を受ける場合は(1)〜(4))の条件をすべて満たすご夫婦が対象となります。

(1)法律上の婚姻関係にあり、不妊症と医師に診断され、夫または妻のいずれか一方が中土佐町に住所を有するもの

(2)医療保険各法の規定による被保険者もしくは組合員またはその被扶養者であるもの

(3)ご夫婦の前年の所得(1月から5月までの申請については、原則として前々年の所得とします。)の合計額が730万円未満であるもの

(4)高知県の実施する「不妊に悩む方への特定治療支援事業」の助成金を受けたもの

《所得計算表》 ご夫婦それぞれについて計算し、合算してください。

計算内容

A 証明書の所得金額 (証明書の所得金額を記入してください。)

 

 

B 控除計

 

 

  児童手当法施行令第3条第1項の控除額

※所得のある方のみ「社会保険料等相当額」を差し引きます。

80,000

80,000

  雑損控除額

 

 

  医療費控除額

 

 

  小規模企業共済等掛金控除額

 

 

  障害者控除額(普通)  270,000円×該当者数:  人

 

 

  障害者控除額(特別)  400,000円×該当者数:  人

 

 

  勤労学生控除 該当する場合270,000円

 

 

C 所得額(A−B)

 

 

合 計(夫と妻のC欄の合計の額になります。この金額が730万円未満なら助成の対象になります。)

 

 

申請の内容

助成内容(項目、助成対象経費、助成額、通算助成期間・回数)は、次のとおりです。

    項         目    助成対象 助成額 通算助成期間・回数
一般不妊治療 人工授精に要する費用

治療に要する費用として、対象者が負担すべき金額から、県やその他の団体が実施する不妊治療支援事業等の助成額を控除した額について、1年度につき3万円を限度とする。

夫婦1組に対して連続する2年まで
特定不妊治療 体外受精及び顕微鏡授精に要する費用 治療に要する費用として、対象者が負担すべき金額から、県やその他の団体が実施する不妊治療支援事業などの助成額を控除した額について、10万円を限度とする。 夫婦1組に対して6回まで

 

申請の手続き

助成を受けようとする方は、次の書類を健康福祉課へ提出してください。

ただし、2回目以降の申請において、1回目の申請時に提出した書類で必要事項が確認できる場合、県やその他の団体が実施する不妊治療支援事業等の助成がある場合において、同様の証明ができる書類を提出する場合には、書類の一部を省略することができます。

申請に必要な書類

(1)中土佐町不妊治療費等助成事業申請書 ※1:様式第1号(第6条関係)

(2)法律上の婚姻関係を証明することができる書類(戸籍謄本)《注意》 発行から3ヵ月以内のもの

(3)夫及び妻の住所、住民となった日、前住所、続柄を確認することができる書類(住民票)《注意》 発行から3ヵ月以内のもの、個人番号(マイナンバー)の記載のないもの

(4)中土佐町不妊治療費等助成事業医療機関受診証明書 ※2:様式第2号(第6条関係)

・指定医療機関で作成する書類です。主治医等に記載を依頼してください。

(5)医療保険被保険者証等の写し

(6)夫及び妻の控除額が記載された所得・課税証明書等(市町村長が発行したもの)

・夫妻それぞれの証明書が必要です。

・所得額から医療費控除等の各控除額を差し引いた額で審査しますので、所得総額及び所得から控除できる各控除額が記載されている証明書が必要です。

・収入がない場合でも、「収入がない(0円である)ことのわかる非課税証明書等が必要です。

《注意》 原則として、1月から5月までの申請は、前々年の所得とします。必ず、住所地の市町村役場で、所得総額と各控除額の記載のある証明書の交付を受けてください。各控除額の記載がない場合は確認ができませんので、取り直していただくことになります。

(7)不妊治療に要した経費の領収書

・医療機関が発行する領収書

《注意》 領収書で金額の明細が確認できない場合(金額のみ記載されている領収書等)は、治療内容
の詳細が確認できるもの(明細書等)を併せて添付してください。領収書の原本が必要な方は、写しを添付することができます。この場合、窓口で原本を確認の上、写しをいただきますので、申請の際には原本を一緒にご持参ください。

(8)県やその他の団体が実施する不妊治療支援事業等の助成がある場合、助成額が確認できる書類

(9)その他町長が必要と認める書類

 

申請の期限

申請は、随時行うことも、まとめて行うことも可能です。まとめて申請する場合は、その間の不妊治療に要した経費の領収書をすべて添えて申請してください。申請できる期限は、当該年度の3月末日までです。

 




Adobe Reader

PDFファイルを開くにはAdobe Readerが必要です。

Adobe Readerは、無料で以下のリンクからダウンロードできます。

「Adobe Reader」のダウンロードはこちらです。


このページに関するお問い合わせ

健康福祉課


〒789-1301 高知県高岡郡中土佐町久礼6602-2
電話:0889-52-2662 Fax:0889-52-2432

このページのトップに