本文へ移動

ページの先頭です。

HOME > 山の暮らし【地面に落ちているひな鳥に遭遇】

山の暮らし【地面に落ちているひな鳥に遭遇】

担当 : 農林課 / 掲載日 : 2015/07/17

山の暮らし

地面に落ちているひな鳥に遭遇

〜野生のヒナ鳥への対処方法〜

Q.なぜ地面に落ちているヒナをよく見かけるのですか?

A.巣立ちをしたばかりのヒナはうまく飛べません。だから、枝から枝へ移るときなどに、地面に降りたりしてしまうのです。

Q.ヒナを見つけたとき、どうしたらいいのでしょうか?

A.近くに姿が見えなくても、親鳥は必ずヒナの元へ戻って世話をします。人がヒナのそばにいると、かえって親鳥はヒナに近寄れません。そのままにしましょう。

Q.猫が近くにいて心配ですが・・・?

A.近くの木の枝先など、猫が近寄れないところに止まらせておきましょう。

Q.人が野鳥のヒナを育てることはできないのでしょうか?

A.私たちはヒナに飛び方や、何が自分にとって危険なのか教えられません。自然の中で自立していけるように育てると言うことはとても難しいことなのです。また、野鳥を飼うことは法律で禁止されています!
 


このページに関するお問い合わせ

農林課


〒789-1401 高知県高岡郡中土佐町大野見吉野12
電話:0889-57-2022 Fax:0889-57-2027

このページのトップに